ペットのカワウソは噛みますか?

コツメカワウソ小太郎

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです。

目次

コツメカワウソは噛みますか?

今回のカワウソブログでは、コツメカワウソは噛みますか?というテーマでお話しをいたします。

このテーマに関しては、最初から断言しちゃいますけど、コツメカワウソは間違いなく噛みます!

我が家の歴代のカワウソである小太郎、姫ちゃん、竹千代、葵の4匹全員に噛まれています!(笑)

そして、今回のお話しの前提は、赤ちゃんの頃から人間に育てられていて、とても人間に慣れているコツメカワウソのお話しであって、人間に慣れていない個体については基本的に触ることもできませんし、野生や慣れていないコツメカワウソの攻撃の射程距離に入れば大怪我をするのは当たり前のことだと考えていた方がいいと思います。

水族館にように野生に似せた環境で飼育されているコツメカワウソの多くは人間にべた慣れしてるわけではないので、水族館のような場所でカワウソの世話をする飼育係の方は、かなり怪我のリスクがある仕事だと思ってしまいます。

以前、パンダで有名な和歌山のアドベンチャーワールドでコツメカワウソの飼育員の方とお話しをする機会があったのですが、こんな可愛いのにとっても凶暴なんですよ!と話しをされている飼育員さんの腕の傷を見てコツメカワウソの日頃のお世話の大変さが伺えてしまいました。

また、野生のカワウソが犬や猫のように人間に慣れることは100パーセントに近いぐらいあり得ないことなので、コツメカワウソをペットにする場合は赤ちゃんの頃から育てるか、または人間に育てられてとても人間に慣れている個体を譲り受けるかの2通りしかありません。

ということで、コツメカワウソをペットにするということは基本噛まれますので、あとはコツメカワウソに噛まれたときにどの程度の被害になるかという問題と、コツメカワウソの個体差で噛む程度に違いがあるかということです。

先日も大阪でコツメカワウソの飼い主が集まってオフ会を開き、何人かの飼い主がペットのコツメカワウソを連れて参加していました。

オフ会にコツメカワウソの飼い主たちが集まりだし、連れてきていたコツメカワウソに他の飼い主さんが挨拶をした瞬間に手を噛まれ、噛まれた手からはかなりの出血がありました。

でも、さすがはコツメカワウソに慣れている飼い主さんたちですので、ほとんど動じる様子もなく手当てをしてオフ会は何事もなかったように始まりました。

コツメカワウソを飼っていれば噛まれることに免疫ができてしまいますので、少しぐらい噛まれて出血するぐらいでは動じなくなります。

犬も甘噛みと本気で噛むケースがあると思いますが、コツメカワウソにも甘噛みと本気で噛むケース、そしてコツメカワウソの場合はびっくりしたりおもちゃを取られた時などに衝動的に噛みついてしまう3種類のパターンがあります。

噛まれた時の被害の状況は、もちろん甘噛みが1番被害が少ないのですが、それでも結構な確率で出血はします。

さすがに、本気で噛むことは人間に凄く慣れているコツメカワウソであれば、ほとんどないのですが、もしコツメカワウソに本気で噛まれた場合には、それは想像できないようなレベルの大怪我をすることになります。

最後が、コツメカワウソが気に入っているおもちゃを取られた時や食事の邪魔をしたときのように相手にしてはいけないとわからせる理由で噛むケースと、コツメカワウソがなにかにびっくりして噛むようなケースです。

コツメカワウソが気に入って遊んでいるおもちゃや食事の邪魔については、もちろんしなければ噛まれることはありませんが、化粧品やアクセサリーなどの壊されると困るものを気に入ったおもちゃとしてコツメカワウソに取られてしまっている場合などは、本当に困ってしまいます。

コツメカワウソが気にいって持っているものを無理やり取れば噛まれますし、隙をついて回収してもタイミングが悪ければ噛まれることになります。

我が家ではコツメカワウソが気に入って遊んでいるものと他のおもちゃを物々交換をすることで、コツメカワウソが納得した形で返してもらうこと、これがもっとも平和的な解決になります。

コツメカワウソって本当に面倒くさい動物でしょ!(笑)

そして1番やっかいなパターンでコツメカワウソ自身に悪気があって噛むわけではなく、コツメカワウソがなにかにびっくりして噛むようなケースです。

基本的に、これだけは防ぎようがありません。大阪のオフ会での事故なども死角から手がきたので、びっくりして噛んでしまったのかもしれません。

わたしもびっくりして噛まれたケースでは、約1か月間は手首の曲げ伸ばしが難しいほどの怪我を負ったことがあります。

動画でもロープなどにぶら下がってグルグル回っているカワウソを見たことがあると思いますが、とにかくコツメカワウソをは異常に噛む力が強いので、どんなケースでも噛まれた場合には、ある程度の怪我をする覚悟が必要になります。

コツメカワウソをペットとして飼育し始めて、部屋中のいろいろなものが壊されることも衝撃的ですが、やっぱり1番受け入れがたいのが、コツメカワウソに噛まれて怪我をすることです。

さすがに我が家は約13年もコツメカワウソを飼っていますので、ある程度の雰囲気は分かっていますが、コツメカワウソを飼い始めた時などは噛む予兆が全く分かりませんでしたので、真剣に悩んだこともありました。

現在ではカワウソブームもあって多くのカワウソがペットとして飼育されていますが、我が家も含めコツメカワウソをペットとして大切にしている飼い主の方がとても多いのも事実で、噛まれることや壊されることと引き換えにしても、コツメカワウソとの生活に魅力を感じている飼い主がとても多いという事実の裏付けになっていると思います!

以下の写真は、今回は小太郎ではなく、コツメカワウソ竹千代の可愛い写真です。

こんな表情をされたら、やっぱりコツメカワウソの飼い主たちはメロメロになってしまいますよね!(笑)

コツメカワウソ竹千代
コツメカワウソ竹千代
コツメカワウソ竹千代
コツメカワウソ竹千代
コツメカワウソ竹千代
コツメカワウソ竹千代

今回のカワウソブログは、わたしと遊んでいるコツメカワウソ竹千代の可愛い写真でお別れです!

次回のカワウソブログでは、コツメカワウソ小太郎と新しいおもちゃというテーマでお話しをいたします。

それでは、ぽんちゃんことAyakoでした。

See you next blog!

毎日配信しています!YouTubeの竹千代と葵の可愛い動画もぜひ見てくださいね!♥

2匹のカワウソたちとの日常を毎日投稿(インスタグラム@ponchan918)



ぽんちゃんことAyakoです❤︎漫画はもう電子書籍でスマートに読めばいいんです!


ぽんちゃんことAyakoです❤︎子供服はカジュアルで動きやすいのがいい!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる