小さくてとてもキュート!初めて運転した外車は赤いミニクーパー!

こんにちは、ぽんちゃんことAyakoです♥

それまで、わたしは自宅にある日産のエルグランドしか運転したことがなかったのですが、そのわたしが初めての外車であるミニクーパーを運転した時のちょっと大変だったお話しです!

今回のぽんちゃんの毎日が小春日和では、わたしが初めて運転したとってもキュートな外車のミニクーパーのお話しをいたしますので、ぜひ読んでくださいね!

目次

小さくてとてもキュートなミニクーパーを私のブログで紹介します!

ミニクーパー

わたしが初めて運転した外車はとってもキュートな赤いミニクーパーでした!

わたしが免許を取った時に実家にあった車が日産のエルグランドでした。

エルグランドには障害物センサーが付いていましたし、バックモニターも付いていました。

写真の赤いミニクーパーSは夫が乗っていたクルマで、運転はたくさんしないと上手にならないと夫から言われて、わたしがミニクーパーを運転するようになりました。

ミニクーパーは外車なのに障害物センサーもバックモニターも付いてないと聞かされて驚いたわたしに、

夫は笑いながらこんな小さなクルマにそんなハイテク装備はいらないし、こんな運転のしやすいクルマなんて他にないよ!って言われてしまいました。

わたしはどうやって運転するの?って思いましたが、ミニクーパーは確かにとても小さくて自分の思い通りに動かせる、運転ををすればするほど、とても運転しやすいクルマだと思うようになりました。

ミニクーパーは とにかくデザインがかわいい! でも実際にハンドルを握ってみると少し乗り心地が固く首都高などの継ぎ目が多い道路だとかなりのショックを受けますので少し乗り心地が悪いハードなクルマだという印象を受けました。

しかし、その短所はそのままミニクーパーの長所でもあり、ミニクーパーの1番の本領発揮の場所は箱根などのワインディングロードにあります。

現行のミニはかなり大きくなってしまいましたが、この時のミニは軽く小さな車体、硬い足回りでほとんどロールを感じさせず、キャッチフレーズでもあるゴーカートフィーリングで箱根のコーナーを駆け抜けていけます。

長所と短所がとってもはっきりしているミニクーパーSですが、このクルマには普段の街乗りから旅行などたくさんの思い出がいっぱいです。

とにかく、真っ赤なボディカラーが素敵なとってもキュートなクルマですよね!

ミニクーパーのフォトギャラリーです。

ミニクーパー
ミニクーパー
ミニクーパー
ミニクーパー
ミニクーパー

わたしの乗っていたミニクーパーの歴史

完全にBMWのモデルになったミニは2006年のパリサロンで発表され、2006年11月にクーパー、クーパーSが英国とドイツで発売を開始、日本での発売は2007年2月24日からで、日本にはミニワンのみが導入されています。

ハッチバックのサルーンは第2世代となりましたがコンバーチブルは初代が継続して生産され、2009年モデルより新型へ移行した。なお、この世代でバリエーションが一気に増えて、最終的にはなんと全7種類のボディを持つようになりました。

オリジナルのミニ同様に「変わらない良さ」が基本コンセプトとなっており、外観は、先代ミニとの区別が難しいほど類似しており、「変えないこと」に対するBMWの意思が強く現れています。

ボディーサイズは衝突安全性も考慮されて前後左右に20mmほど拡大されました。

ヘッドランプはエンジンフードから車体側に固定されたため、コスト低減と共にフードの開閉もかなり軽くなりました。

燃費と省資源や安全面は相応しい改良が施され急激に進化していますが、前モデルのクーパーSと比べ新型のクーパーSの車重は+30kgの1210kgと少しだけ重くなりました。

エンジンは、BMWとフランスの共同開発による「Prince」のコードネームで呼ばれた新型です。

BMWのお得意のバルブトロニックを採用した直列4気筒DOHC1.6L (120ps) のクーパーと、通常のバルブ機構を備えた1.6L ツインスクロール直噴ターボ (175ps) のクーパーSのラインナップです。

2007年に1.4L (95ps) のワンと1.6L ターボディーゼル (110ps) のクーパーDが追加されたことにより、ディーゼルエンジンに関するトヨタとの提携関係は解消されました。

トランスミッションはゲトラグ製6速MTと、パドルシフト付きのアイシン製6速ATが用意され、油圧制御式湿式多板クラッチの制御問題から評判の良くなかったCVTは引き継がれませんでした。

ミニクーパーSの夫の評価

ミニクーパーはとにかく他にはない独特のスタイリングが魅力的で、なんといってもデザインがかわいい!

そのミニクーパーを購入する決め手はやっぱりそのスタイルが魅力的だということです。

しかし、ミニクーパーは乗ってみると外見とは裏腹にとってもハードな乗り味の車です。

ミニクーパーSは乗り心地もかなり硬く高速の継ぎ目などではかなりショックを感じますし、FF車特有のトルクステアもかなり感じます。

それでもフォードが手がけた初代のミニの固いだけで安っぽい乗り心地やがさつなフィーリングのエンジン、ひどいCVTと比べると、フルモデルチェンジ後のミニはBMWの手によってすべてが改善され別の次元になった印象を受けます。

そしてクーパーSの1番の本領発揮の場所は箱根のようなワインディングロードにあります。

現代の車にしてはとっても軽く小さな車体、硬い足回りでほとんどロールを感じさせず、ゴーカートフィーリングでワインディングロードのコーナーを駆け抜けていけます。

長所と短所がとってもはっきりしているミニクーパーSですが、他の所有している車と比較しても、またハンドルを握りたいと思わせてくれる魅力をちゃんと持ったかわいいやんちゃ坊主です。

ミニクーパーSのスペックになります。

ボディカラー チリレッド
全長×全幅×全高 3715×1685×1430mm
ホイールベース 2645mm
車両重量 1210kg
エンジン形式 直列4気筒DOHCターボ
最高出力 175ps/5500rpm
最大トルク 24.5kg/5000rpm

今回のぽんちゃんの毎日が小春日和は、 わたしが初めて運転した外車のミニクーパーを紹介いたしました。

そして、いつもぽんちゃんの毎日が小春日和を最後まで読んでいただき本当にありがとうございます

ぽんちゃんの毎日が小春日和が、少しでも読者の皆様の心の癒しになれば、わたしはとても幸せな気持ちです!

それでは、ぽんちゃんことAyakoでした。

See you next blog!♥

◆ブログでお金を稼ぐ近道も◆
私は忙しい子育てママですがブログのアフィリエイトでお金を得ています。ブログはご自身で設定すれば初期費用がかからずノーリスクで始められて忙しい子育てママや会社員の方におすすめの副業です。しかし、わたしもブログの知識がなくお金を稼げるようになるまでに多くの試行錯誤をしてしまいました。ワードプレス設定とブログの書き方やSEOなどが難しい方に、ブログの制作からブログでお金を稼げるまでのコンサルティングをしています。ご相談は無料です。お気軽にわたしにお問い合わせください。無料相談ブログでお金を稼ぐ近道とは

ぽんちゃんセレクトショップ

ぽんカワ

ぽんちゃんセレクトショップへようこそ

ぽんちゃんセレクトショップは、わたしがデザインした竹千代と葵のオリジナル商品を始め、カワウソ関連の可愛い商品を取り揃えております。気になった商品があればぜひご購入していただければと思います。 Ayako♥

ぽんちゃんセレクトショップはこちら♥

ぽんちゃんのブログ・WEB・ECサイト制作

ぽんちゃんのブログ・WEB・ECサイト制作にようこそ

現在わたしは、ブログの立ち上げやWEBサイト、ECサイトの制作も手掛けています。WEBが苦手な方でもサイトの運営ができるように丁寧で手厚いサポートが自慢です。 今後ホームページを持ってネットでの集客に力を入れていきたいとお悩みでしたらまずはお気軽にご相談ください。Ayako♥

ブログ・WEB・ECサイト制作の詳細はこちら♥

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる